C4S* Research and Development Project

Project Manager: Takafumi Noguchi (The University of Tokyo)

Participating Institutions
The University of Tokyo, Hokkaido University
Tokyo University of Science, Kogakuin University, Utsunomiya University
Shimizu Corporation, Taiheiyo Cement, Masuo Recycle
cipating Institutions
 

c4s_2.jpg c4s_3.jpg

ccc

 
ムーンショット目標4*に貢献する「C4S*研究開発プロジェクト」の概要

*Calcium Carbonate Circulation System for Construction
*地球環境再生のために、持続可能な資源循環の実現による、地球温暖化問題の解決(Cool Earth)を目指す。

 NEW     [%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

プロジェクト参加団体

東京大学ロゴ
東京大学
北海道大学ロゴ
北海道大学
東京理科大学ロゴ
東京理科大学
工学院大学ロゴ
工学院大学
宇都宮大学ロゴ
宇都宮大学
清水建設ロゴ
清水建設
太平洋セメントロゴ
太平洋セメント
増尾リサイクルロゴ
増尾リサイクル
ムーンショットロゴ

上記のグループは、カーボンニュートラル社会・資源循環型社会の実現に大きく貢献することを目的として、NEDOムーンショット型研究開発事業「C4S研究開発プロジェクト」(:Calcium Carbonate Circulation System for Construction)を実施しています。

C4S*研究開発プロジェクト  

*Calcium Carbonate Circulation System for Construction

本プロジェクトでは、薄く大気中に広がって存在しているCO2、および世界各地に存在している構造物の解体によって発生するコンクリート廃棄物を建設資源とみなし、それらと水のみを用いて、何度でもリサイクル可能でカーボンニュートラルとなる次世代のコンクリート、すなわちカルシウムカーボネートコンクリート(CCC)に関わる様々な研究開発を行っています。本プロジェクトの現在の研究開発内容は、次の3つに分類されます。

 
密接状態のコンクリート廃棄物粒子(CCC用骨材)の間に炭酸水素カルシウム溶液を流し、各種制御によって炭酸カルシウム結晶を析出させ、コンクリート廃棄物粒子同士を結合させてCCCとする原理の究明、および製造技術の開発

 
最適な粒度分布・炭酸化率を有するCCC用骨材を製造するためのコンクリート廃棄物の効率的な破砕方法およびCO2吸収固定化方法の開発

 
CCCの社会実装に向けた様々な課題の検討(CCCの各種性能の評価、CCC構造物の設計手法の開発、CCC構造物に必要となる法令・規格の整備、C4Sにおける最適な資源循環シナリオの構築、およびC4SにおけるLCCO2削減効果の分析)


 

CCC*製造プロセスの概念

*CCC: Calcium Carbonate Concrete
CCC*製造プロセス概念図

MOONSHOT logo

 ムーンショットC4S 研究開発プロジェクト

C4S* Research and Development Project
プロジェクトI/II/IIIでの実行項目と参加団体の役割
 
News
[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

C4S研究担当者

野口貴文
東京大学
丸山一平
東京大学
 兼松 学
東京理科大学
北垣亮馬
北海道大学
田村雅紀
工学院大学
藤本郷史
宇都宮大学
 
辻埜 真人
清水建設株式会社
中澤 春生
清水建設株式会社
黒田 泰弘
清水建設株式会社
平尾 宙
太平洋セメント
兵頭 彦次
太平洋セメント 
増尾 孝義
増尾リサイクル
C4S Research and Development Project

C4S* Research and Development Project

*Calcium Carbonate Circulation System for Construction

HOME